2008年12月09日

お誕生日イベント一日目。

えーと。もう一週間前のお話しになりますが。

12月2日は、私のお誕生日でした。

私の12月の休み希望は、10月27日締め切りで、その時期は、まだ彼は有休消化中で、次の職場でのシフトや休み希望の制度が全く分からない状態でした。

なので、『とりえず12月2日だけは一応休み希望出しといて』って言われてて。

もし彼が休めないなら、仕事の方がマシなんだよなぁと思いつつ休み希望を提出して。

12月1日は、もともとの固定休だから、連休になりました。

彼の休み希望提出は、前月の月末ってことが11月はじめに分かり、1日からのシフト決めるのに、ギリギリの月末に休み希望提出って、シフト作るチーフすげえって話なんですが。

入ったばっかの分際で、彼は大胆にも12月1日2日連休の休み希望を出しまして、見事連休をもぎ取りました。

どっか行きたいところある?

って聞かれても、うーんうーん言うばかりで全く何も思い付きません。

で、丸投げにして、普段からデートプランを立てるのを面倒がる彼にすべて任せてみました。

結果。

ものすごい盛りだくさんの、超ハードな、しかし、今までの人生で間違いなく最高のお誕生日を過ごすことができました。

まず、ハードなハードな12月1日。

万歩計つけたら、38000歩近く歩いた12月1日。

昼前に私の家に集合して。

なぜか『うまい棒』を一本持ってきて。

『一本欲しいって言ってたよね?(笑)』

・・・・・・・・・・・。

私が欲しいっていったのは、赤い薔薇一本。

まぁ、とりあえず、予定が予定だったので、すぐに出発。

向かうは、新橋にある『草の花』さん。

こちらのお店の『カムジャタンカレー』というのが、テレビや雑誌で紹介されてて、彼が私に食べさせたいって言っていたお店。

私はテレビは見ていなかったから、どんなカレーなのかまったく予備知識なく注文。

彼は、白坦々麺を注文。

出てきたカレーを見たらすごい!!

カレーなのに赤い!

見るからに旨そうな赤!

私は、無類の『辛いもの好き』です。

ラーメン屋さんに行っても、必ず一番辛いラーメンを選ぶし、自宅でも唐辛子は何を食べるにしても必須。その消費量もハンパない。

うどんやそばの汁は常に真っ赤。みそ汁も真っ赤。

そんな私に『カムジャタンカレー』。

一口食べてみたら、辛さは私的には余裕の辛さだったけど、味付けの旨さがハンパない。

彼は、辛いものは得意じゃないので、いつも私のうどんやラーメンを一口食べてはすぐに水を飲み、鼻の頭に汗をかきながら『人間の食べるモノじゃない!』と言います。

だから、赤いカレーを見ても、『舌をやられたくない』と言って、自分のラーメンが来るまでは、一口も食べませんでした。

美味しすぎて、どんどん食べ進む私。

ごはんの量が、いつもの倍くらいあったけど、美味しすぎてやめられない。

彼の白坦々麺も、普通の坦々麺の味付けじゃなくて、いろんなスパイスが絶妙にからんだ見事な一杯でした。

彼は、途中でおそるおそる『カムジャタンカレー』を食べて、

『あ、旨い!』。

やっぱり辛いけど、『辛い』より先に『旨い』がくる逸品。

『草の花』さん、お見事。

また食べに行きます。必ずや、行かせていただきます。

『草の花』さんを後にして、向かうは汐留。

歩ける距離なので、徒歩で移動。

向かった先は、今回のお誕生日の『クリスマスイルミネーション巡り』のメインになる『カレッタ汐留』。

私は、カレッタには何回も行ってるけど、イルミネーションは見たことがありません。

カレッタの夜景は夜のメインなので、とりあえず、カレッタ内にある『3色のocean tree』をまわって、携帯で写真を撮ります。

そう。

こんな大事な日に、私ってばデジカメを持って行き忘れ。

いつも持ってるから、当然持っているだろうと思っていた彼にショックを受けさせ。

なので、携帯の写真サイズを大きくして撮りました。

『3色のocean tree』を携帯に収めた私たちが、次に向かうのは、ペディ汐留の中に入っているアンドナンド。

その日からの新メニュー『ラズベリーアフォガード』と『ブランデーマロン』を食べて、大人のドーナツにご満悦。

やっぱりお店の雰囲気もドーナツのお味も、ミスドとは格が違う感じ。

アンドナンドでお茶をしてしばし休憩し、次に向かうのは、昼間から夕方のメインのお台場。

あちこちのイルミネーションやツリーを見て、暗くなってきたら観覧車で夜景をって計画。

お台場は、私はまったく分かっていないので、どういう順番でまわったのかよく分からないけど、写真の順番を見ると、たぶん、

メディアージュの屋内最大級15メートルツリー→アクアシティお台場の葉加瀬太郎さんプロデュースのツリー→ヴィーナスフォート噴水広場の「SNOW WISH』→デックス東京ビーチの高さ20メートルの「台場メモリアルツリー」→MEGA WEBの菜の花ツリー

だったと思います。

とにかく、どこに行っても、それぞれ違った個性のツリーがあって、綺麗なんてひとことでは片付けられないほど見事で、無計画だった割に、毎時何分とかいうタイミングで行われるショーも偶然全部遭遇できて、もう大満足。

写真とか動画とか撮りまくったから、二人とも携帯の容量オーバーで保存できなくなり、過去に撮った写真や動画を削除しまくって。

おまけに、携帯の充電がなくなり、コンビニで充電池までご購入。

そして、いい時間になってきたので、パレットタウンの大観覧車へ。

5月に乗ったときは、まだそんなに暗くなってなかったし、はじめてのお外デートで浮かれてたから、景色なんてそんなに楽しむ余裕がなかった感じだけど、今回は、

「東京タワー見えるかな?」

「どっちの方向かな?」

「あったーーーっ!!!」

とか、景色を十分に楽しめました。

観覧車が頂上に着いた時は、東京タワーはまだ点灯してなかったけど、下りはじめた頃に点灯しました。(と思う)

で、観覧車に乗る前に、半強制的に記念写真を撮らされ、帰りに1000円で売ってるんですが、前回は心の準備がなかったし、デジカメも持ってたから、二人の写真があったから買わなかったけど、今回は、二人一緒の写真が撮れなかったから、記念に彼が買ってくれました。

それから、イルミネーションを見ながら一緒に探したペアリングをご購入。

これは、お互いへの早めのクリスマスプレゼント。

雑誌を見て、これがいいとかあれがいいとかさんざん言ってましたが、何店舗か見た結果、アクアシティお台場の中の『LOVERS SCENE』で買いました。

彼は、ファッションにはこだわりがあるんですが、指輪は、

『自分的に微妙だと思ってもりつこが選んだのにしようと思ってた』

そうですが、結局、私が選んだのは、最初に彼が

『これいいな』

って言ったやつでした。

別に、彼に合わせたわけではなく、自分の好みで。

で、刻印ができるっていうんで、お互いの名前を刻印してもらいました。

仕事中はできないけど、左手の薬指の指輪、ものすごく新鮮です。

彼いわく

『ある意味、事実上の婚約指輪だから』

だそうです。

その指輪をはめて、次に向かうは、いよいよカレッタ汐留。

昼間に見たときは、思ったより小さいな、なんて思ったんですが、夜になったら、ビックリしましたよ。

海をイメージしたイルミネーションだけあって、青!青!青!

思わず声もでないほど圧倒される光の粒たち。

GRAND OCEAN TREEのベルを鳴らすと、5色の光のいずれかが点灯するんですが、私たちは青でした。   

そして、どうしても見たかった『Blue Ocean』の音楽に合わせた、音と光のショーもタイミングよく見れました。

写真や動画を撮りたかったけど、これは実際に目で見て楽しむべきだな、と思い、しばし見蕩れました。

感動して大満足して、向かうは新宿(まだ行くか)。

サザンテラスのイルミネーション。

私も彼も、イルミネーションは青と白が一番好きで。

あれほどあちこちのイルミネーションを見てきたのに、やっぱり場所が変わればそれなりに新鮮で。

ここでも、二人でふたつのボタンを押すと何色かの光のどれかが点灯するってのがありましたが、ここも青でした。

それから、お好み焼きともんじゃ焼きを食べに行く予定で、事前から彼は、新宿のお好み焼き屋さんを散々調べてくれていましたが、時間的にラストオーダーに間に合わなかったりして、たどり着いたのが『本陣』さん。

ここで、軽くビールを飲みながら、もんじゃとお好み焼きをお腹いっぱい食べました。

家に帰ってきたのが0時少し前。

約12時間外にいたことになります。

その間、座っていたのは、ごはんと電車の中だけだったりした訳ですから、38000歩も納得です。

彼は、日付けがかわる前に、DEENの『BIRTHDAY EVE』をかけようと思っていたらしいのですが、気付いたら日付けが変わってまして。

それからは、次の日の予定もあるので、早々にお風呂に入って寝ました。

クリスマスのイルミネーションを好きな人と一緒に見に行ったのは実ははじめてて、こんなにも楽しいものかと感動した一日でした。

普段、デートプランを練りたがらない彼が、ここまでいろいろ調べてくれてたのにも感動しました。

次は、ハプニングから始まった、お誕生日当日です。


posted by miri at 08:50| Comment(7) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

40台

年齢のことではなくて、車の台数でもなくて、体重のお話でございます。

ワタクシ、身長はごくごく一般的な160センチでございます。

11年前は、40キロ台後半をうろうろしておりました。

だいたい47〜9キロな感じで。

病気になって、44キロまで痩せたけど、そのあとがもう言葉じゃ表現できない勢いで増量しまして、MAXで80キロまで行ったこともありました。80キロは一瞬だったけど、70キロ台はうろうろしましたねぇ。

面識があるカタに参考にしていただくと、サケガーデンの時が70キロくらい(!)で、『クラウディア〜』の楽屋訪問の時が68キロくらいで、『私は誰でしょう』のオフ会の頃は63キロくらいで、去年のちょうど今頃の『抜け穴の会議室』の時は66.6キロ(去年のMAXだから細かく覚えている)でした。

今だから言えるカミングアウト。

そして、去年の今頃からなんとなくなダイエットをして、一月末に今の職場に入社したころは55〜6キロでした。

それから少しずつ減っていったけど、53キロくらいで立ち往生しまして。

彼とつきあい出した頃も53〜4キロでした。

最初は体重は教えてなかったけど(昔80キロあったことはネタとして披露・笑)7月くらいになんとなく体重の話になりまして。

彼は、私とつき合ってから少し太ったらしく。

っても、彼は175センチで56〜7キロだったのが58〜9キロになったレベルですが。

一ヶ月でお互い2〜3キロ痩せようじゃないか!

という話になりました。

たいした努力はしなかったけど、少し気をつけただけで51キロまでは簡単でした。

しかし、彼の『理想』は、やっぱり40キロ台。

もちろん『痩せろ!!』とか言われなかったけど、いやむしろ『無理はしなくていい』って言われてたけど。

『理想通りの相手とつきあおうと思ったら、最初から選んでないし(笑)』とか。

そりゃ、黒髪短髪好みの彼が、茶髪スーパーロングな私を選ぶわきゃないんですけど。

分かってるけど、やっぱり少しでも彼の理想に近付きたい。

ってことで、3日間限定炭水化物抜きとかいろいろやってみまして。

なんとか40キロ代ギリギリ後半までもっていきました。

一瞬でしたけど(笑)

次の日に豚汁を作ったら、食べ過ぎてしまい、案の定太りまして。

でも、豚汁が終わったら、また40キロ台に戻りました。

ただ気を抜いた時に怖いので、もう少し減らしておくべと思って、明日からまた3日間炭水化物抜きやります。

久しぶりに見る、体重計の4の数字。

頑張って維持します!

ってことで、肥えた私をご存じのみなさま、イメージを少々、いや大幅に修正なさってくださいませ(笑)
posted by miri at 21:23| Comment(6) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

『ストライクのど真ん中』から『圏外』へ

昨日、髪の毛を切りました。

前回、あり得ないくらいひどい髪型にされてしまい、毎日鏡を見てはイライラしていたので、今回は、私を彼の『ストライクのど真ん中』にしてくれた人を指名しました。

長さはそんなに変えずに、バランスをよくしてもらおうと思って行ったのですが、話しているうちにどんどん違う展開になり、気が付いたらショートボブになっていました。

自分的には、うざったかった襟足がなくなったのでスッキリしたなぁとか思ってたんですが、彼の反応は違いました。

昨日は、私は休みで彼は仕事だったので、彼の仕事してるところを見てみたいなぁと思い、彼が仕事をあがる少し前にお店に入って、一生懸命働いている彼をチラッと見て、あがる時間に裏口で待っていました。

彼はすぐに私に気付いたけど、髪型にはまったく触れてきません。

私は、到着するまでに、ものすごいハプニング全開だったので、それを彼に報告したり、彼は仕事の話をしたり。

二人で電車に乗るのも久しぶり。

11月に入ってから、いちども二人で電車に乗っていませんでした。

しかし、いっこうに髪型に触れてこない彼。

『まさか、気が付かないわけないよなぁ』

と思い、

「私、なんか変わったと思わない?」

って聞いたら、

「手袋をしてる」

と返ってきました。

そりゃ、昨日は寒かったから、今年初めて手袋をしましたよ。

でもねぇ。

「髪の毛変わったの気が付いてる?」

って聞いたら。

「そりゃ気が付くよ、違和感満載だもん」

だって。

彼的には、前の長さが良かったらしい。

確かに、よくよく考えれば、彼とつきあってから、最初に20センチ切って、ストライクのど真ん中になったものの、3ヶ月後に更に10センチ切り、今回8センチですから、相当短くなりましたよ。

彼いわく

「言っちゃ悪いけど・・・見た目年齢があがった」

そうです・・・。

一週間後の私の誕生日に、プリクラを撮ろうと盛り上がっていたのですが、

「その髪型でプリクラ撮るの?」

って言われちゃいました。

帰ってきて、検索ワード『髪・伸・早』でググったら、ピュエルのロングエッセンスというのがヒットしました。

ほんとに早く伸びるのか分からないし、今月その出費は痛いけど、買っちゃおっかなぁな気持ちでいっぱいです。

髪の毛を早く伸ばす方法をご存じの方は、是非教えて下さいませ。
posted by miri at 21:56| Comment(5) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

もうそんな時期かぁ。

職場のレジ連絡版に、

『一月度の休み希望を提出して下さい』

というのが貼ってありました。

ウチの職場は、シフトの締め日が15日なので、現段階で12月15日までのシフトが決まっているわけですが、休み希望の締め切りは月末なので、約一ヶ月半先の休み希望を提出することになります。

そりゃ、冠婚葬祭とかならある程度先の予定も分かりますが、友達とランチとか、飲みに行くとかって、一ヶ月半も前に分かるわけもなく。

しかも、友達と会うのとかってどうしても土日になりがちですが、土日に休み希望を出すってのは、ものすごく、そりゃーそりゃーものすごく勇気の要ることだったりします。

もちろん、クリスマスだとか大晦日だとか、嵐のような忙しさで、休み希望を出す勇気なんてこれっぽっちもありません。

『年末は、休み希望は受付しません。』

とキッパリ書いてありました。


『一年で一番忙しい時期です。ご協力お願いします。』

の次に、太字で

『どうしても休みたい人はSまで』

とレジチーフの名前が書いてありました。

休めるワケがない。

休む勇気なんてない。

休み希望なんか出したら、この先どんな仕打ちを受けるか分からない。

ってことで、今月中に、1月15日までの休み希望を提出するわけですが、無難に、年末と三賀日をずらして休みます。

実家に帰るのも、がんばって二泊三日。しかも、おせちなんか残ってない時期。多分、七草粥のころ。

元旦だけは休みですが、二日から何事もなかったかのように仕事です。しかも、元旦は木曜日で、もともと固定休だから、普通の休みとなんら変わりません。

まだ11月だってのに、もうお正月の先のことまで考えなきゃならないんですから、厄介です。

お正月って言ったら『少し先の話じゃん』って思うかもしれませんが、七草粥だの鏡開きだのよりも先のことを考えなきゃいけないんですよ。

スーパーをナメてました。

一月に気軽な気持ちで入社したけど、どっぷりハマっている私です。

時間帯も、最初は13時〜20時だったのが、今では10時〜18時ですよ。

なにげに一時間延ばされてますよ。

ウチのバイトは、一日7時間までという決まりがあるんですが、限界まで働かされてますよ。

時給がいいのだけが救いです。

それだけを励みに耐え忍ぶ毎日です。

絶望的な年末年始。

無事に乗り切れるんでしょうか、私。
posted by miri at 22:05| Comment(3) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

『ちびくそ』が『クソ』に勝ち誇った日。

*ご注意:記事が非常に長く、覚え書き的なもので、ひとりよがりな部分が多々ございますので、読むカタは覚悟してお読み下さい。


このブログのタイトル通り、私は日々ボケ倒しております。

彼は私のことを『ちびくそ』とか『ボケナス』とか言いますが、そういう彼も、前の職場の店長代理に『お前はクソガキだな。いや、ただのクソだな。お前はクソで十分だ』と言われておりました。

私の方がうんと年上なのに、彼の方が全然しっかりしてるし、頭の回転もものすごく早いし(これは若さもあるかも・・・)、素早く的確な状況判断が出来るし、とろくて天然な私が彼に勝てることなんて、人生経験(年齢)くらいなものなのです。

だから、彼が私をバカにできるネタはいくらでもありますが、私が彼をバカにできるネタがまったくありませんでした。

しかし。

11月4日。

ついに私が彼をバカにできるネタが!!!

6時にモーニングコールで彼を起こし、その日は4日ぶりに夜少しだけ会える日だったので、彼が準備をしているであろう時間帯から、私は夜ご飯の下準備をしていました。

その日は私も午後から仕事だったし、まぁ、頑張れば彼の仕事が始まった8時頃から作りはじめれば間に合うけれど、彼の休憩時間にメールもしたいから、早目にやっておくに越したことはないのです。

夜も長い時間会える訳じゃないし、調理する時間、彼と一緒にいられないのはもったいないから、帰ってきたら焼くだけでいいドリアにしました。

チキンライスを作り終わった頃、彼から家を出発したという電話。

朝は私が電話で起こし、彼が家を出発してから駅に到着するまでの約10分間は、彼からの電話で話すのが日課なのです。

その日課も終わり、ホワイトソースを作っていると、なにやら携帯が鳴っています。

んんん?この時間は電車に乗って職場に向かっいるはずなのに???

慌てて出てみると、彼が、

「大変なことをしたぞ」

と珍しく焦った声です。

Suicaのチャージ料金でも間違えて、1000円でいいいところを万券チャージでもしてしまったか?と思ったら。

「財布忘れた」

えええ???

お金もカードもついでにSuicaもないの???

「小銭入れに460円入ってたから、とりあえず向かってるけど、帰りの電車代がない」

彼は新宿で乗り換えをするのですが、帰りの電車代が新宿までしかないらしい。

まぁ、彼の家は、新宿から二駅なので歩こうと思えば歩ける距離なのですが、働いて疲れて帰ってきて、新宿から歩かせるのはさすがにかわいそう過ぎます。

飲み物も買えないし、精神的に不安だろうし。

それが7時過ぎ。

彼は、10時頃から休憩になってしまうので、お金を届けるならその時間しかない。

それから、作り途中だったホワイトソースを急いで仕上げ(たせいで、白ワイン入れ忘れた)グラタン皿に流し入れ、パン粉とチーズとバターをふりかけて、洗い物をする余裕などなく出かける準備。

10時に彼の職場へ着くためには、遅くても9時前に家を出発しなければなりません。

いつもは、更衣室で着替えるのが面等だから、家から仕事着ででかけてしまう私ですが、電車に乗るとなれば、そうもいきません。

猛スピードで準備をし、着替えを袋に詰め込み、彼に渡すお金を小さい封筒に入れて、ネットで彼の職場の場所を調べ、まずは自分の職場へ。

更衣室に着替えを置き、休憩室の冷蔵庫に飲み物を入れ、急いで駅へ。

彼の職場は見てみたかったから、そのうちコッソリ見に行こうと思っていたけれど、まさかこんなに早く行くことになるとは。

しかも、なんの心の準備もなく。

彼は毎日この電車に乗ってるんだなぁとか、この電車、途中まで携帯が圏外になっちゃうんだなぁとかいろいろ考えながら、彼の職場の最寄り駅へ。

出口がふたつ。

んんん?と思ったけど、すぐに目印発見。

反対側が彼の職場だから、出口も反対側ね。

出口さえ分かれば、地図はネットで見て覚えてきたから大丈夫。

開店10分前に到着したけど、まだお店には入れないから、コンビニで時間を潰して、10時ジャストに店内へ。

彼の所属は日配なので、日配売り場をうろうろ。

彼の姿は見当たらないけど、おそらくバックヤードで作業してるんだろうから、そのうち出てくるだろうと思ってうろうろ。

買い物カゴも持たず、商品を見ているわけでもなく、明らかに普通の客じゃない私。

10分待ったけど出てこないから、もしや休憩?と思って一旦外へ。

地下だからメールが来ても電波が入らないのです。

地上に出ると、彼からの電話。

「今、来てるんだけど」

って言ったら、ビックリしたみたい。

彼は当然裏口から出入りしているので、私がいる場所からは遠いから、線路沿いに出てみたら、ちょうど彼も出てきてくれたところで。

彼に封筒を手渡して、がんばってねって言って、また来た道を引き返し、自分の職場へ。

一旦家へ帰る時間はあったけど、慌ただしくなるから、休憩室で時間を潰すのです。

いつもより一時間以上早く行ったから、会う人会う人に

「あれ?早くない?」

って言われて、

「いやー、定期も持っていないのに財布を忘れて職場に行き、帰りの電車代がない人がいたので、●●までお金を届けに」

「誰とはいわないけど青年Aですね」

って会話をくりかえしてたら、レジチーフが私を発見。

その日はチーフがものすごく忙しくなる日だったので、チーフ的にも私が予定時間よりも早く入ってもOKだったらしく、普通だったら有り得ない、時間繰り上げをしてくれました。

30分早く入ったから、30分早くあがれる。

ってことは、予定よりも30分長く彼と一緒にいられる。

感謝しつつ一日仕事をして、いよいよ夜。


「やっぱクソはクソだな」

「私をボケとかいう資格はないな」

って、彼をさんざんバカにして、勝ち誇りました。

私が忘れ物がないか確認してくれなかったのが悪い、とか一生懸命逃げ道を探してたけど。

彼は、会えないことで私の気持ちが離れていってしまうのではないかと心配していたそうですが、

「今日、来てくれたのが嬉しかった。お金より気持ちが。りつこなんにも変わってねぇって」

って言ってくれました。

すごくハードな一日だったけど、楽しいこと、うれしいこと、幸せなことがたくさんあった一日でした。
posted by miri at 16:57| Comment(7) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

最近のこと。

もんのすごくお久しぶりの更新でございます。

10月は、彼が有休消化中で、毎日朝ウチに来て、私の仕事の間はお留守番をしていてくれていたし、休みの日はずっと一緒だったしで、自分の時間なんてこれっぽっちもございませんで、ブログの更新どころか、パソコンを立ち上げることすらほとんどありませんでした。

そして11月。

彼が新しい仕事に就いたので、会える時間はぐっと少なくなりました。

11月は、休みがかぶるのが一日だけ。

これまで、毎日会えるのが当たり前だったので、急に寂しくなります。

しかし。

悲しんでいる余裕はない!!!

なぜなら。

毎日モーニングコールで起こしてあげると約束してしまったからーーー!!

早番も遅番もあるから、早番の日は大変だなぁなんて悠長に考えていたら。

毎日早番!!!

11月は遅番は一回だけ!!!

早番は8時入りで、通勤に約一時間となると、彼を起こすのは6時!

6時にしゃんとした声で彼を起こすためには、私が起きるのは5時半!

もうね、考えただけで目眩がしましたよ。

超低血圧なこの私が、毎日5時半起き!

そらね、世の中、もっと早く起きてお仕事なさっていらっしゃるカタも、もっと早く起きて家族のために家事をなさっていらっしゃるカタもおりますでしょうよ。

しかしね、私は、仕事を探す時に一番重要視するのが始業時間ってくらい、早起きが苦手なんですよ。

これまでの人生で、毎日5時半に起きた経験なんてないんですよ。

一番早くて6時半起きだったんですよ。

今日からモーニングコールを始めるに当たって、超大音量の目覚まし買いましたよ。

電子音の目覚ましが主流になっているであろうこのご時世に、敢えてベル音ですよ。

『Hyper GONG』という、得体の知れないメーカーの、大音量だけが売りでデザインなんてこれっぽっちも考えていない、ものすごくいかつい目覚まし時計ですよ。

今日は、ダブル目覚ましで、緊張感があったせいか、いつのも目覚ましで余裕で起きられたんですが、コイツで起きられない人間は世の中に存在しないってくらい、ものすごい音がします。

スヌーズ機能もついていますが、スヌーズ必要ないだろう?というくらい、一発で起きられる音です。

あまりに耳障りな音なので、この音を聞きたくないがために、目覚ましのなる直前に自然に目が覚めそうな勢いです。

今日は、5時半に起きて、6時に彼を起こしたわけですが、私は今日はお休み。

自分のためだけに過ごす休日はほんとうに久しぶりで、何をしたらいいんだろう?って感じだったんですが、けっこういろいろできるもんですねー。

クローゼットの一部を整理して(あまりの汚さに一部で断念)お洗濯してお掃除して、10時半から彼が休憩だったから一時間くらいメールして、要らない本を売りに行って、薬局をはしごして日用品やら化粧品やらを購入して、しばらくは使わないだろう鍋だのフライパンだの食器だのを片付けて、使う予定のない玉ねぎをあめ色になるまでじっくり炒めて冷凍して、ごはんをまとめて炊いて一回分ずつラップに包んで冷凍して、冷蔵庫の整理をして、まだ夕方ですよ。

一人の時間は、漫画とサッカーの勉強をするように言われていますが、それはこれから少しずつ。

普段は、年齢差はまったく気になりませんが、漫画の話になると世代が違うことを痛感したりします。

11月から寂しくなるので、彼におねだりをして、無理矢理子どもの時のアルバムを3冊持ってこさせたんですが、表紙に1983年○月●日生って書いてあるのが、分かっていてもやっぱり衝撃的。

13歳も年下の彼にこんなに頼っていいのかなって思うくらい、頼りにはなるんですが、逆に申し訳ない気持ちにもなります。

とかいう話はつまんないと思うのでやめときますが、会えなくても毎日モーニングコールで声が聞けるので、それだけでも幸せだなと思える今日この頃な私。

自分の時間はたっぷりあるので、これからは、ちょくちょく日々のくだらない話を書き綴っていこうと思っております。

お時間のある時に、覗いてやて下さいませ。
posted by miri at 17:35| Comment(6) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

『楽』がいいか『楽しい』がいいか

彼が、今日で今の職場を辞めます。
理由は、就職することに決まったからで、嬉しいことなんですが、かなり寂しくなります。

5か月以上、毎日のように作っていたお弁当も、もう作ることはないので、かなり楽にはなります。

冷凍食品は使わないと決めていたので、すべてが手作りでした。

卵は、普通の卵焼きではなくて、彼の好きなだし巻き卵を毎回必ず入れました。

毎日、次の日のだし巻きのための出し汁を作って(もちろん顆粒だしの素です)ってことも、もうやらなくていいんだなぁなんて思うと、すごく楽にはなるんですが、どこか寂しいです。

お弁当のメニューを考えながら買い物をして、売り場で仕事をしている彼に話しかけて邪魔をする、なんてことも、もうできなくなります。

そりゃ、楽にはなりますよ、やっぱり。

お弁当を作るのに1時間以上かかっていたけれど、その分ゆっくり寝られるし。

頭使わなくていいし、お金使わなくていいし。

でも、どんなに睡眠不足でも、どんなに疲れてても、自分の時間なんてまったく無くても、楽しかったんです。

最後のお弁当は、彼の大好きなコロッケ2種類にハンバーグにだし巻き卵にかぼちゃのサラダに茹でたブロッコリーに彩りのミニトマト。

ごはんは、最後だからやっちゃえ的なノリで、大きなハート型を使って、鶏そぼろ(もちろん手作り)とサケフレーク(これは瓶詰め)の二色ごはん。

自分で作ってストックしておいたコロッケもハンバーグも残っていたけれど、最後は全部作りたくて、夜中までかかって作りました。

愛は届いたかなぁ。

明日から楽にはなるけど、楽しみがひとつなくなります。

楽しみはなくなるけど、楽になります。

『楽』と『楽しい』両立はできないから、とりあえず今は『楽』になるのを喜ぶかなぁ(笑)

でもきっと、しばらくしたら、寂しくなるんだろうな。

6年間、本当にお疲れさまでした。

posted by miri at 22:32| Comment(7) | TrackBack(5) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

別れの季節

ワタシが働いているスーパーの社員さんは、9月10月に大異動があります。
とにかく、普段からなにかと異動の多い会社なんですが、9月10月は大異動というだけあって、けっこう動きます。
シフトの締め日が15日なので、16日付けで異動ということが多いです。

ワタシが普段仲良くしてもらっているレジのサブチーフが、明日付けで異動になります。

その人には、ほんとにほんとにものすごくお世話になっていて。

他の社員さんの異動なら、別にどうってことないんですが、ワタシ的には、その人には、居てもらわないと困る存在なわけで。

異動の話を耳にする度に、

その人じゃなくて良かったーーーーっ!!!

って常に思っていた人です。

異動の内示は、一週間前にしか出ないので、本当に突然の別れになります。

そろそろ・・・ってな噂は何度も耳にしていましたが、いざ本決まりになると、やっぱり心の準備ができていなくて。

でも、あんまり考えるのも辛いので、なるべく考えないようにしようと努力はしました。

そして、今日。

ワタシは休みでしたが、最後の日にキチンと挨拶がしたくて、餞別の品を渡しに行ってきました。

泣いてしまうかもな、と思っていましたが、賑やかなメンツが揃っていたせいか、比較的平然と話せて、

明日からこの人がいなくなる

という実感が湧きませんでした。

明日になって、出勤してもその人が居なくて、明後日になっても居なくて、それではじめて実感が湧くのかもしれません。

本当に、本当にお世話になりました。

一週間後には、その人に続いて、彼が職場から姿を消します。

仕事に行く楽しみが、いちどにふたつ、なくなります。

posted by miri at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

優しすぎる彼。

私の彼は、すごく優しいです。

その優しいところに惹かれて好きになったわけですが、実際つきあってみたら、想像以上に、もう本当にありえないくらい優しくて、その優しさが胸に痛いくらいなのです。

例えば今日。

彼は仕事で、私は休みでした。

職場で会えない日は、たいてい出勤前に、少しでも会いに来てくれます。

今日も出勤前に来てくれて。

ゆっくりする時間はなかったけど、一緒にごはんを食べて、少しベタベタして。

彼は仕事に行きました。

私は今日は、クリニック通いの日。

実は、約10年間お世話になったクリニックが、先月、急遽閉院してしまい、今日は紹介状を持って、これからお世話になるであろう新しいクリニックへ行ったのです。

私みたいな病気の場合、先生との相性って、ある意味、薬との相性よりも大事だったりします。

とはいっても、病気自体は、もう完治したと言い切れる状態まで回復していているんですが。

私が、少し、いつもと様子が違ったからでしょうか。

普段は、仕事中に電話してくることなんて絶対にない彼が、心配して電話をくれました。

いい先生だったよって報告して。

仕事に戻った彼に、お礼のメールを送っておきました。

今日、凹んでたけど少し復活したよって。

そうしたら、仕事中にメールを返してくることなんて滅多にない彼が、また、安心させてくれるメールを返してくれて。

今日は、彼をたくさん心配させてしまったなって思っていて。

明日は私も彼も休みだから、ゆっくりできるな、なんて思いながら、毎日恒例の、仕事終了メールを待っていて。

毎日恒例のメールを一往復。

彼の仕事が終わったらメールを一往復して、彼が家に着いて、ごはんを食べたり片づけをしたりして落ち着いてから、毎日20〜30往復メールしています。

今日は少し残業だったから、いつもよりも少し遅い時間かな、なんて思いながら、のんびりしてたら。

11時前に玄関のチャイムが鳴りました。

こんな時間に誰?って不審に思いながらインターフォンに出てみたら。

彼が私の名前を呼ぶ声。

えええーーーーーーーーー?????

私、袖が破れたパジャマで、髪の毛はねまくってて、ひどい状態なんだけどっ!

ものすごくびっくりしてドアを開けたら、いつもの優しい彼の顔。

私が、メールに凹んだって書いたから、心配して来てくれたらしい。

疲れてるのに、仕事の前も来てくれたのに、明日も会えるのに、それでも、今日のうちに安心させてくれる彼。

それも、メールや電話じゃなくて、わざわざ自宅と逆方向の私の家まで来てくれる彼。

この前、一緒にたこ焼き買いに行った時に、私が「わさびマヨネーズに興味がある」って言ってたのをちゃんと覚えていてくれて、銀だこのわさびマヨネーズのたこ焼きをお土産に買ってきてくれる彼。

30分くらいしかいられないって分かってるのに、それでも会いにきてくれる彼。

優しすぎる彼。

彼のことが大好きです。









posted by miri at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

暑かったり寒かったり

もう、ずいぶん前に梅雨もあけて、毎日これでもかというくらいクソ暑いわけですが、このクソ暑い8月にもかかわらず、ヒーターを入れて足下を温めている人たちもいます。

そう、ワタシたちです。

ワタシが働いているのは、スーパーの地下なんですが、食料品売り場ということもあり、非常に寒いんです。

レジの人たちは、ほとんど全員長そでです。もちろん半そでのブラウスも支給されてはいるけれど、一度も着ていないどころか、支給されてからずっとロッカーに入れっぱなしです。

ワタシが働いているスーパーは、3階に事務所やロッカーや更衣室や休憩室なんかがあるんですが、休憩室以外はエアコン無しです。

汗だくで出勤して、サウナのような更衣室で着替えて、ブラウスの中に着ているタンクトップやブラウスまで汗でぐしょぐしょになります。

その状態で地下に行くと、汗で濡れた衣服が冷房で冷やされて、ものすごく寒いんです。

朝は朝で、目覚ましが鳴る前に暑くて目が覚めるし、昼間は昼間で、ヒーター入れずにはいられないくらい寒いし、一日の温度差が激しくて、絶対風邪引くな、と思っています。

今のところ、まだ大丈夫ですが、入社してからインフルエンザ以外で風邪を引いていないので、そろそろくるかな〜って感じです。

レジの連絡版に

「一人休むと大変な状態になります。体調管理には十分気をつけて下さい」

みたいなことが書いてあったのですが、管理したくても無理だろ〜。

毎日暑くてダルいカタも、暑かったり寒かったりでダメージを受けているカタも、みなさん、このクソ暑い夏を気合いだけで乗り切りましょう。


posted by miri at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。