2006年12月06日

まとまりなくてすんません

 今日は、何から書いたらいいのか悩みつつ、とりあえずパソコンに向かっています。いつもは、だいたい「今日はこんなことを書こう」と思ってパソコンに向かうんですが、今日は書きたいことはいろいろあるけど、ひとつひとつでは記事にならないことばかり。
 昨日の「僕の歩く道」のにーさんの出番があまりにも少なかったけれど、予告編を見たら俄然モチベーションがあがったこととか、1ヶ月ぶりにクリニックに行って、帰りに友達とお茶→飲みのコースを辿ってきたこととか、帰ってきたらポストに11月30日の夕刊が届いててヒャッホウだったこととか。
 ま、「僕ある」や夕刊のことはみなさん既に書いてくださってますので、お友達と飲みに行ったことをちょこっと書かせていただこうかと思います。
なんて行き当たりバッタリの文章なんだ(苦笑)。

 今日、一緒に飲みに行ったお友達には彼氏がいるんですが、その男、メールや電話で、もの凄く上からモノを言ってくるんですよ。例えば「お前は脳味噌が無いから」とか平気で言っちゃう男なんですね。14も年下の分際で。そんなこと言われたらブチギレても良さそうなもんなんですが、それを許せるのは惚れた弱みってヤツでしょうか。かく言うワタシも、遥か太古の昔、つき合っていた男に「お前はあの時死ねば良かったんだよ」とか、今考えたら腑が煮えくり返るような暴言を吐かれても健気に耐えていたりしたので、理解できないこともない…。でも、そんなワタシにも少なからずのプライドは残っていたらしく、ある時ふっと恋愛感情がすっぽ抜け、自ら別れることにした記憶があります。まぁ、お友達の彼氏は、会ったこともないワタシに「お誕生日おめでとうございます」とか言ってくれちゃったりもするんですが。イヤ、無理矢理言わされて言ってくれたというのがホントのところではありますが。とにかく、昔はヒモだったくせに、自立したからって急に偉ぶる男ってのは如何なもんかと思ってしまったりする訳です。客観的に話を聞いてると「そんな男、別れちめー」なんですが、彼女は惚れてるんだから第三者なワタシがヤキモキしたところでどうなるもんでもないし。ワタシと電話で話すときは、筋の通ったことを言ったりするので、彼の暴言は愛情の裏返しってヤツなんでしょうか。お互いを信頼し合ってるからこそ言える暴言ってヤツなんでしょうか。いつの世も、男と女の恋愛ってやつは摩訶不思議な存在だなぁと思った今日の出来事。
posted by miri at 23:15| Comment(8) | TrackBack(0) | ざっかん雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まず14年下っていうのが稀少なので(すぐ年齢問題に食いついてしまう。やだねェ)ウラヤマシス、なんですが(笑)、外ヅラのいい男性っていうのは、余計なお世話かもしれませんけど問題アリの場合が多いですよ。そういう人に限って頭がよくてチャーミングだったりするので困るんですけどねェ。それに自分より弱い女性の前で偉ぶるというのが何より当人の弱さの裏返しでもありますから。
その男の子、恋人が傷ついているときや病気のときなんかは優しくしてあげてるのかなあ。もしそうなら単に言葉の扱い方知らないだけって気もしますけどね。彼女もミリイちゃんにいろいろ話してくれるということは、問題点についてはお気づきなんでしょうね。まあ、恋っつーのは致し方ないもんなんでしょうなあ(遠い目)。
Posted by Mari at 2006年12月07日 07:52
ひやぁぁ、14も年下?あの〜、どの辺歩いてたら落っこちてますかね?そんなおいしそうな話。是非教えていただきたい(笑)でも14は下すぎかなぁ、2・・3・・せいぜい4くらいまでかなぁ・・あ、自分で言っててなんかリアルで嫌 (*^m^)プ

14も下でしかもヒモだったんですか?そら多少稼げるようになって急に男のプライドとかいうのを思い出しちゃったんじゃないでしょかね、衣食足りて、ふと「このままじゃ一生頭があがらねぇ!」とか思いついて必死にバランスとろうとしてるのかもしれません。そんなあたりもさすがにお子ちゃまよなぁ、と僻み半分で思ったりします。そんなお子ちゃまなところも可愛い♪とか思ってあげられる間は付き合ってあげてもいいんじゃないでしょうか。ただ・・そんな甲斐性もこらえ性もある素敵なおねーさんには、もっと幸せな恋がいくらでもありそうですけどねぇ、でも何が幸せなのかは本人にしかわからないものねぇ。

取り合えず、身近にそんな色っぽい話を聞くことすらなくなってしまっていたことを思い出し、私も一緒に(遠い目)。
Posted by かずぷ〜 at 2006年12月07日 09:18
>Mariさん
やっぱり14年下に食い付きましたか(笑)ちなみに、ワタシの友達は、多分Mariさんと同い年かと。ワタシも「どんな男なんだ?」と興味津々で、写真撮ってきて見せてもらったんですが、失礼だけどそんなにチャーミングではなかったです。電話で話してると頭は悪くないようですが。彼は彼なりに彼女のことは考えてくれているようです。ただ彼女もちとわがままな部分があるので、呆れて暴言を吐いているような気もします。彼女がワタシにいろいろ話してくれているというか、リアルにワタシと会っている時に彼とずっとメールしてるんですよ。で、逐一報告してくれるという。彼女は、好きな気持ちが行き過ぎていて、あまり彼が言ったことについて分析はしてないみたいです。口出しも度を過ぎるといけませんので、生温く見守っていきます(笑)

>かずぷ〜さん
14も年下のおいしい話も、転がってるところには転がってるんですねえ。でも、自分の過去の経験を振り返ってみると、ワタシは6歳年下が限界です〜。
彼女と彼は、6年間同棲して、その後別れて、2年ぶりに再会して再びつきあい出したばかりなんですよ。ヒモだったのは、同姓していた期間の話ですから、会わなかった2年の間に彼が大人になったってことでしょうかねぇ。その2年を彼がどういう経験をしながら過ごしたのかは分かりませんが、それなりに苦労もあったのでしょうね。だから、今働いていない彼女の前で偉ぶるって感じなのかなーと思ったりもします。まぁ、そんな男でも彼女は好きだというのですから、結局は幸せなんでしょうね。
あーあ、ワタシにもそんな色っぽい話が欲しいわ〜(遠い目)。
Posted by ミリイ at 2006年12月07日 21:07
ごめんね2度めの書き込み。
ええええええーーーーアタシと同い年の女の子(子じゃねーよ!)に14コ下のカレシがあああああ!!!!!?????

…すいません、取り乱しましたorz

それは凄いっすね。で、人と話してるときにもリアルにメールなんですね。ああ、私もそんな可愛いン十歳になってみたい(笑)。お幸せを祈るばかりでございますわ。
Posted by Mari at 2006年12月07日 23:06
色っぽいお話、ウラヤマシイ限りです。
先日も友人と「どうやって人を好きになっていったか」とか
「付き合うまでの過程を忘れた」
などという話をしていたところでした。
片思いでもいいから、キュンってしたいね〜。ワクワクしたいね〜。
と話していました。
今年のクリスマスも普通の一日で終わるのでしょうね〜。
当たり前のように、普段通り残業してみんなに
「また今年もひとりなのね・・・」と
言われそうです。
私も色っぽい話がほしいです〜(遠い目)
Posted by ゆみ at 2006年12月07日 23:08
>Mariさん
確かワタシの記憶違いでなければ、同い年です。
取り乱すのも分かります。ワタシだって最初に聞いた時は「うひょーーーーーっ!!!!!」でしたから。ちなみに、彼女には息子さんがいるんですが、高校3年生だそうです。これまた遠い目になってしまいますわね…。

>相方
付き合うまでの過程・・・ワタシも忘れました。
キュンとかワクワクとかしてみたいです。
今年のクリスマスも一人で礼拝に行くんだろうな・・・。クリスマスに礼拝に行くと、クリスチャンでもないカップルが教会に来ていたりします。まぁ、きっかけは何であれ、教会に足を運んでみようかと思ってくれることは嬉しいことなんですが、変な仮装をした集団とかいると興ざめです。
色っぽい話ができるように、お互いがんばりましょう。
Posted by ミリイ at 2006年12月08日 15:58
なんだかすごくお久しぶりなような汗

すんごくご無沙汰してましたm
音信不通・行方不明状態だったみかんです笑)

なんかいろいろとありまして・・・
今回はご挨拶だけでもと。
Posted by みかん at 2006年12月10日 00:44
まあ!みかんちゃん、お久しぶり。
ブログも閉鎖されていたので、リンクから外させていただきました。
元気だったかのう?
忙しいだろうけど、また時間がある時に立ち寄ってくださいましな。
Posted by ミリイ at 2006年12月10日 12:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。