2010年09月07日

気付いた。

もう、彼の記事は終わりにしようと思ってたけど、一番だいじなことに気付いた。

私が、自分で自分の価値を下げたから。
彼はダメな男になってしまったんだ。

常に愛情を前面に押し出し、相手を追いかけ、わがままを許し、甘えさせた結果、彼の中で、私は自分の思い通りになる「その程度の女」になっていた。

言い方は悪いけれど、彼が無意識に、私を「格下」と見下す要因を作る行為をたくさんしていた。

だから「この女は自分に惚れてるから何をしても許される」という感覚が身についてしまったんだ。

私の取った態度や行動が、彼に「オレはつきあってやってるんだ」という感覚を持たせてた。

それにより、彼のわがままに拍車がかかり、自分が少しでも不快なときはキレればいいんだっていう学習をさせてしまった。

自分に自信がないから、彼が離れていくのが怖くて、常に相手の顔色を伺っていたけれど、それが逆に離れさせた。

彼のメールの中に、



    何か聞いてきても俺が不機嫌な感じになると
    気つかってたよね

    多分それで好き勝手やっても
    バレなきゃいいって思って
    最終的にすごく傷つけて
    悪いことしてごめん



っていう文章があった。

それを分析するとそういうことになる。

彼のもともとがダメだったんじゃなくて、私が自分の価値をさげたことにより、彼が自意識過剰になり、彼もダメになった。

下手に出て、何でも言いなりになることが愛情じゃないのに、私はそれで従順な女になったつもりになってしまっていたから。 

そんな自分にプライドのない女に魅力なんてあるわけない。 

終わってから気付いても遅いけれど。

終わってからでも気付けて良かった。

気付かなければ、私はこれから先の恋愛でも、自分をどんどん下げ続け、その結果、相手をも下げ続けただろう。

今までの恋愛も、最終的に振ったのが自分であっても、同じことを繰り返してきた気がする。

好きになって尽くして尽くして、尽くしてもなんの見返りもないことに疲れて、そんな冷たい相手が嫌になり、自分から去って行った。

たいてい相手は時間をおいて「やりなおしたい」って言ってきたけど、私の中には、冷たかった印象しか残ってなくて、やりなおす気なんてさらさらなかった。

一度でもやりなおしていたら・・もっと早く気付けたのかな。

今更、そんなこと考えても遅いけど。

この歳になって、やっと気付いた。

気付かせてくれた彼に感謝。

もう少し、自分に自信が持てるように、いろんなことを頑張って行こう。

依存するのではなく、高めあう恋愛ができる人間になるために。
posted by miri at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みり様、おはようございます。
小生は先週中半、急に奈良に転勤になりまして、大わらわなのですが、自分でも心機一転、リフレッシュして仕事が出来るのではないかと思ってます。新しい何かが待っていると思うと、また楽しいじゃないですか。この歳になっても、挑戦的に行きたいと思ってますよ^^
みり様の新しい七転八倒を期待してます。
Posted by ぺ at 2010年09月11日 10:51
こんばんは。いろいろ大変な思いをなさったのに、
ご自分でご自分のことをしっかり見つめて、
気付かれたことは、すごいと思います。
相手の方に感謝できることも。

毎日いろいろありますが、自分自身を見つめてみたいと思います。
Posted by ゆみ at 2010年09月11日 23:44
>ぺさん
新しいお仕事、慣れるまでが大変ですね。
でも、挑戦的に行きたいって思う気持ちが素晴らしいです。
物事って何でも、捉え方次第で良くも悪くもなりますよね。
自分がプラスに考えればプラスに傾くし、マイナスになってしまったら落ちるだけですもんね。
なんとか少しずつ・・強くなれるように頑張ります。

>相方
気付くのにかなり時間かかったけど、結論が出て良かったと思ってます。
思えば、こんなの15年以上前に気付かなきゃいけなかったのに、今頃なところが我ながら情けないです。

相方も、いろいろな事を抱えて悩んだり心を痛めたりしていることとお察しします。
お互い、良い方向に向かえるよう頑張りましょうね。
Posted by みり at 2010年09月13日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161848881
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。