2010年09月07日

気付いた。

もう、彼の記事は終わりにしようと思ってたけど、一番だいじなことに気付いた。

私が、自分で自分の価値を下げたから。
彼はダメな男になってしまったんだ。

常に愛情を前面に押し出し、相手を追いかけ、わがままを許し、甘えさせた結果、彼の中で、私は自分の思い通りになる「その程度の女」になっていた。

言い方は悪いけれど、彼が無意識に、私を「格下」と見下す要因を作る行為をたくさんしていた。

だから「この女は自分に惚れてるから何をしても許される」という感覚が身についてしまったんだ。

私の取った態度や行動が、彼に「オレはつきあってやってるんだ」という感覚を持たせてた。

それにより、彼のわがままに拍車がかかり、自分が少しでも不快なときはキレればいいんだっていう学習をさせてしまった。

自分に自信がないから、彼が離れていくのが怖くて、常に相手の顔色を伺っていたけれど、それが逆に離れさせた。

彼のメールの中に、



    何か聞いてきても俺が不機嫌な感じになると
    気つかってたよね

    多分それで好き勝手やっても
    バレなきゃいいって思って
    最終的にすごく傷つけて
    悪いことしてごめん



っていう文章があった。

それを分析するとそういうことになる。

彼のもともとがダメだったんじゃなくて、私が自分の価値をさげたことにより、彼が自意識過剰になり、彼もダメになった。

下手に出て、何でも言いなりになることが愛情じゃないのに、私はそれで従順な女になったつもりになってしまっていたから。 

そんな自分にプライドのない女に魅力なんてあるわけない。 

終わってから気付いても遅いけれど。

終わってからでも気付けて良かった。

気付かなければ、私はこれから先の恋愛でも、自分をどんどん下げ続け、その結果、相手をも下げ続けただろう。

今までの恋愛も、最終的に振ったのが自分であっても、同じことを繰り返してきた気がする。

好きになって尽くして尽くして、尽くしてもなんの見返りもないことに疲れて、そんな冷たい相手が嫌になり、自分から去って行った。

たいてい相手は時間をおいて「やりなおしたい」って言ってきたけど、私の中には、冷たかった印象しか残ってなくて、やりなおす気なんてさらさらなかった。

一度でもやりなおしていたら・・もっと早く気付けたのかな。

今更、そんなこと考えても遅いけど。

この歳になって、やっと気付いた。

気付かせてくれた彼に感謝。

もう少し、自分に自信が持てるように、いろんなことを頑張って行こう。

依存するのではなく、高めあう恋愛ができる人間になるために。
posted by miri at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

ほんとうの終わり

彼と別れて明日で二週間。

その間、泣いたり怒ったり感情の波は激しくて、哀しみなのか怒りなのか、どちらなのか分からなくなっていた。

何も話すことなく別れ、荷物を送りつけ、何もかもが不透明で想像でしかないできごとに腹を立て、泣いた二週間。

私の中で、どうしても知りたいことがたくさんあり過ぎて。
未練じゃないけれど、別れに至った本当の理由を知りたかった。

いつからキャバクラに通っていたのか。
どうしてその店を知ったのか。
キャバクラの女の子とどんな時間を過ごし、どんな感情を持っていたのか。

私への気持ちはどうだったのか。

今更知ったってどうなるものでもないけれど、ずっと、ああだったのかなこうだったのかなって考えるのが辛くて。

気付くと、その店のことをネットで調べて、使っていた金額から、どれくらいの時間いたのか、同伴なのか店飲みなのを計算したり、Wikipediaで「キャバクラ」とは具体的にどういう場所なのかを調べてみたり、やったからといって何の意味もないことばかりしていたから。

謎が多過ぎて、自分を納得させる材料が欲しかった。

そんな無意味な時間をこれ以上繰り返さないために。
思い切って、昨日の夜、彼に電話してみた。

最初は落ち着いて話してたつもりだったけど、気が付いたら泣いてて、涙ながらの電話になってしまった。

でも。
今まで、あれこれ想像しても出なくて苦しかったった答えがもらえた。
電話を切り際に、はじめて「ごめんね」っていう謝罪の言葉ももらえた。

これ以上、答えのみつからない疑問に頭を使い、心を痛める必要がなくなった。

夜中に目が覚めて、ふと携帯を見たら、受信の表示になっていて。

開いたら、彼からのメールだった。

酔いも醒めてない、寝ぼけた頭で読んだ。

彼にしては長いメールだったけど、ひとつひとつの言葉を噛みしめるように、時間をかけて、ゆっくり読んだ。

「もう連絡することないから最後にホントのこと言っておくね」

っていう書き出しで始まったメールには、彼のほんとの気持ちがたくさん書いてあった。

良いことも悪いことも。

何度も何度も読み返した。4〜5時間、繰り返し読んで、読む度に泣いた。

これでほんとうに終わった気がした。

今までは、疑問だらけで、別れた寂しさよりも、原因を追究したい気持ちが強かったけれど、答えが揃ったら、寂しさだけが残った。

きちんと別れられてなかったから、今、やっときちんと別れた気がした。

今が一番哀しいかも知れない。

疑問も怒りもなく、哀しさと寂しさだけの心。

心にあいた穴は、いつかふさがってくれるかな。

哀しいけれど、寂しいけれど。

さよなら。
posted by miri at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。