2009年07月23日

一泊二日。

えっと。一週間前のお話しになりますが。

鎌倉・横浜一泊旅行に行って参りました。

まずは、鎌倉。

普通のカタは、大仏見てー、鶴岡八幡宮見てーってやると思うんですが、私たちは神社仏閣めぐりをする気はさらさらなかったので、行ったのは「銭洗弁財天宇賀福神社」だけ。

鎌倉駅の観光案内版を見ていたら、一人の外人さんが話しかけてきました。

とーぜん英語なんて分かりゃしませんが、大仏への道順を知りたいということはなんとか分かったので、私が一生懸命案内版を見てカタコトにもなりゃしない英語で教えてあげました。

しかーし。それが、もんのすごい、ありえないくらい、3倍くらい遠回りだったことに気付いたのは、かなり時間が経ってから。

外人さんが向かっていた方向とはまったく違う方向に歩き出し、銭洗弁財天宇賀福神社に向かう道の途中が大仏コースになっていることに気付き・・・。

それからはもう、ずーと、ずーーーーーーっと、ことある度に、彼に、

『あの外人さん、大仏に辿り着けたかなぁ』

『あの外人さん、今頃、大仏に辿り着いたかなぁ』

『外人さん、日本人は優しくない!って怒ってるだろうなぁ』

ってな感じにちくちくいじめられました。

彼いわく『自分が住んでいる土地でさえ方向音痴なのに、知らない土地で道案内をすることが間違いだ』そうです。

確かにそうだ。しかし、言い訳するなら、同じ観光案内版を見ている私たちも『観光者』だと気付かない外人さんも甘い。

とかいう話はおいといて。

さんざん虐められながらカンカン照りの鎌倉を歩くこと20分以上。やっと目的の銭洗弁財天宇賀福神社に到着。

お金を洗って、それだけで満足して、駅に戻り小町通りへ。

お土産屋さんがたくさんある通りで、観光地奈良ではの変グッズとかもあって面白い。

この通り沿いにある『Brasserie雪乃下』さんで遅めのランチ。

こちらは、鎌倉野菜をふんだんに使ったお料理がウリな感じでしたが、私は『釜あげしらす丼』を注文。

バルサミコ酢っぽい酸味のあるごはんに、細かく角切りにした野菜、奇麗にカットされたトマトなんかが乗っていて、それらを被い尽くすかのように、これでもかと積み上げられたしらす。ごはんが多いのかしらすが多いのかと言われたら、ごはんよりしらすの方が多いかな?って感じです。全体的に酸味のあるフレンチ風の味付けで、『しらす丼』って言ったらしょうゆと大根おろしだろっていう『和』な感じでは全くなく。大変大変美味でした。

彼が頼んだ、本日のお肉料理みたいなのは、鶏肉をトマトソースで煮込んだやつに、鎌倉の地野菜が添えてあったんですが、普段は野菜は好まない彼が『肉より野菜が旨い』と言い切るほど、お野菜が美味でした。

そうそう、サラダのあとに出てきた『冷たいじゃがいものスープ』も、相当レベルの高いお味でした。

ランチを終えて、小町通りでお土産を物色し、ついでにおやつも食べたりして(お約束の鎌倉カスター)、ちょっと早いけどその日の宿のある横浜へ移動。

今回お泊まりしたホテルは『横浜グランドインターコンチネンタルホテル』です。こちらの、デラックスダブル、オーシャンビューのお部屋にしました。

ヨットの帆の形をしたこちらのホテル、お部屋も広く清潔で、景色もよく、アメニティも充実していて、文句なしに快適に過ごさせていただきました。

ホテルにチェックインして、あまりに汗をかいたので、夕食の中華街に繰り出す前に、軽くシャワーを浴びて、お店をあちこち調べてから出発。

ホテルの近辺にコンビニが見当たらなかったので、夜、お部屋で飲むお酒とか翌朝の飲み物とか調達するところを探しながら移動。

中華街のコンビニで調達するつもりで行ったら、中華街の入り口付近にスーパーを発見。帰りに調達することにして、夜は食べ放題のお店へ。

本当は、調べたところで行こうと思っていたところがあったんですが、メニューが少なかったので、他のお店へ。

あれこれ注文して、最初に出てきた麻婆豆腐を食べて、諦めの気持ちに。

味は悪くないんですが、まとめて作り置きしてるから、豆腐に味がしみ込んで、豆腐が茶色いんですよ。

二人でかなりの品数と量を頼んで食べたけれど、うーん、正直ハズレでしたねーー。

それでも、相当お腹いっぱいになって、スーパーで買い物してホテルに戻って、観覧車に乗ろうと思って外に出たら、30分以上前に終わってまして。

すごすごと部屋に戻り、お風呂に入って酒盛りして、寝ました。

二日目は、ハプニングからスタート。

9時くらいに起きようと思っていたけれど、結局私は早く起きてしまって。

彼を起こさないように、お茶を飲んでたばこを吸って、おにぎりを食べて。

顔でも洗うかなぁって、ぼーっとした頭で洗面所に立ち、コンタクトを洗っていたら。

まんまと流しました。

一応ね、栓はしていたんですよ、念のため。

でも、コンタクトを流してしまって、あわてて水をとめようとしたら、何故か栓を抜いてしまいまして。

ざーーーっと勢い良く流れていきましたよ。

そうとうビックリして、彼を起こして『コンタクトを流したーーー!!!!』って言ったけど、流してしまったものはどうしようもなく。

彼はまた寝てしまったので、おとなしく化粧して着替えて。

ひたすらコンタクト屋さんを携帯で検索。

しばらくして彼も起きてきたけど、片目コンタクトにするべきか、潔くダサダサのメガネにするべきか相談したら、メガネでいいんじゃない?って言われたから、普段はスーパーに行くにも避けているメガネで観光することに(涙)。

その日は曇りで、ぱらぱら雨も降っていたから、観覧車は見送って、まずは、ランドマークプラザの中にある、ヨコハマメモリーズで、お土産を物色。結局、自分達が食べるものばっかり買って終了(笑)。

それから、クイーンズスクエアの中にある『ロマンドロール』っていうクレープよりももちもちした生地のスイーツを食べに行き、彼が白桃ヨーグルト、私がチリソーセージ(甘いもの苦手ですので)を頼んだんだけど、彼が二人分まとめてオーダーしたら、出来上がりを逆に渡されて苦笑い。まぁ普通、女の子が甘いものって思うのは当然だから、今回に限らず、よくあることなんだけど。

それを食べてから、中華街へ。

その日は、雑誌で見て『食べたい!』って思ったものを、食べ歩き。

コインロッカーにガイドブックを入れていってしまったけど、地図も覚えてるから大丈夫だろうって。

豚まんやらちまきやら生煎包っていうミニまんじゅうやらタンターっていうエッグタルトやら食べたけど、この日は外れはなく、全部美味しかった。

お土産もの屋さんで見た、中華まんじゅうのストラップみたいのがものすごく可愛かったから、買おうかって言ってたんだけど、磁石が入ってるから携帯につけたらダメかなぁって断念。今思えば、ストラップとしてじゃなくてもいから欲しかったなぁ。

その日で一泊二日の旅行は終わりだけど、3連休取ってたから、その日も彼はうちに泊まることになってて。だから、早めだけど横浜を後にしました。

帰りに新宿でコンタクトを作って、歩くの面倒になっちゃったから、贅沢にも新宿からタクシーで帰ってきて。

これで一泊二日の小旅行は終了。

彼と行ったはじめての旅行だけど、楽しい思い出がたくさん増えました。

次に旅行に行けるのはいつになるのか分からないけれど、今度はもうちょっと遠出したいかな。

その日を楽しみに、日々がんばって生きていきます、はい。
posted by miri at 20:57| Comment(3) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

プレゼント

私と彼はしょっちゅう、そりゃーーーしょっちゅう、喧嘩ばっかりしてます。

お互い短気だし、私は言いたいことは容赦なくズケズケ言うし、彼は機嫌を損ねると無言になるか、キレて帰ってしまうし。

デート中も論外ではなく、ちょっとしたことでお互いブチ切れて、無言になるくらいならまだしも、キレた瞬間からそれぞれ別行動になって、しばーーーらくしてから携帯に電話して

「今どこ?」

「○○」

「分かった。じゃ」

って、結局どこかの喫煙所あたりで不機嫌なまま合流して、不機嫌なまま帰ってくる、なんてこともザラです。

そんな私たち、昨日も喧嘩しまして。

私が言いたいことを言ったせいもあるけれど、彼の行動も私には不満があったので、それを容赦なく言ったら、キレて帰りまして。

そのまんま。

普段は、彼が家に着いたらメールとかあるのに、それも無く。

私は私で、それを待つ気もサラサラ無く。

風邪引いててしんどかったので、さっさと寝ました。

しかし、寝てても、喉は痛いし咳は出るし、頭は痛いしで、しんどくて熟睡できなかったのです。

ちょっと眠っては、喉の痛みで目を覚ます、の繰り返し。

そしたら、夜中の3時33分。

携帯にメール。

「こんな時間にメール?」

って、ダイレクトメールだったらマジ迷惑な時間だよなとか思いつつ。

普段だったら、それをきっかけに余計眠れなくなったら嫌なので、メールもシカトなんですが、昨日はなんとなく携帯を開いてみたら、彼からのメール。

うたギフトで、ダウンロードしてみたら、小池徹平くんの『キミだけ』って曲でした。

彼に最初に歌を贈ってもらったのは、去年の7月6日。

そのときは、嵐の『One Love』でした。

私は、それがたいそう気に入って、おねだりしてCDまでプレゼントしてもらったんだっけ。

*百年先も 愛を誓うよ 君は僕のすべてさ
 信じている ただ信じてる 同じ時間(とき)を刻む人へ
 どんな君も どんな僕でも ひとつひとつが愛しい
 君がいれば 何もいらない きっと幸せにするから

もらったときに、すごく嬉しかったことも覚えているし、彼が就職する直前は、カラオケに行ってこれを歌ってもらうと、『これからはもうこんな時間はなくなるんだ。会いたくても会えない毎日が続くんだ』って、涙が止まらなくなった思い出も。

それを乗り越えて。二人で強くなって。

でも、最近喧嘩ばっかりで。

少し前には、かなり本格的に別れの雰囲気になって、お互い、指輪も外しかけたりしました。

それも乗り越えて、贈ってくれた、『キミだけ』って曲は、やっぱり彼らしいチョイスで。

*この地球に生きて キミと出会えた事
 それは奇跡 それ以上でも以下でもない キミ思って

 会いたくて抱きしめたい気持ちが 加速して溢れてゆくよ
 いつわりなくただキミだけ 目をつむるたび胸締め付ける
 切なくて恋しい気持ちに キミの唇が僕を溶かす
 愛してるただキミだけ キミだけ

真っ暗な部屋で聴いて、すぐに彼に電話しました。

彼は今日は遅番だから11時半くらいに起きればいいんだけど、それにしても寝た方がいい時間だよなぁって思いつつ、その時間に電話しないと、今日は電話するタイミングはもう無いから。

お礼を言って、謝って、もう寝てねって電話を切って、私も朝までなんとか寝ました。

朝になって、何回も聴いて、今もまた聴いて。

大好きな曲になりそうです。

喧嘩ばっかりしているけれど、やっぱり優しい彼が大好きです。

あったかい気持ちにさせてくれてありがとう。

posted by miri at 22:37| Comment(6) | TrackBack(0) | ボケボケ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。